マンガ學科

2011年10月

  • LINEで送る

2011年10月27日  日常風景

ロゴマーク制作中

こちらのブログで何度か紹介していますが、
本學のマンガ學科では大學外の企業や自治體と連攜しての
授業や課外活動をいくつか行っています。

今日はある自治體の擔當者の方とあるキャンペーンで使用する
ロゴマーク制作の打ち合わせをしていました。

マンガとロゴマークって関係あるの?と思う方もいるかもしれません。
確かに、マンガ學科よりはデザイン系の學科で普段學んでいることに近いでしょう。
でも「ロゴマークではなく、描き文字と捉えて描いて見よう」
と言われるとできそうな気がしませんか?
(実際に先生がそう學生に言ったところ、學生は數十分で仕上げてしまったそうです。)

先生方がおっしゃっている「マンガ的発想」ってこういうことにも言えるのかな、と思いました。

肝心のロゴマークはまだまだ検討段階なので、
お披露目できるときが來たらまたこちらでご紹介したいと思います。

  • LINEで送る

2011年10月25日  イベント

開講式が終了しました

昨日、コミュニケーション入學開講式が行われました。
一足早く入學を決めた來年度の入學生の皆さんと會うことができました。
入學前プログラムについての説明もありましたが、しっかりと取り組んでくださいね。

 
皆さんはマンガ學科の學生になるわけですが、
それ以前に「蕓大生」であり「大學生」になるわけです。
入學前プログラムは「蕓大生」?「大學生」として、
入學する前に身につけておいて欲しい力をつけるための課題だと私は認識しています。
繰り返しになりますが、しっかりと取り組んでくださいね。

 

さて、本日からは「公募制推薦入學試験」の出願が始まっています。
気になっている人は大學HPをよく読んで、出願しましょう!

  • LINEで送る

2011年10月20日  イベント

今週末はコミュニケーション入學開講式

今週末はコミュニケーション入學入學前プログラム開講式です。(長い名前ですね)
夏期?秋期のコミュニケーション入學で出願可を受け、入學を決意した人が集まる日です。

 
詳しくは開講式でお話がありますがコミュニケーション入學で合格を決めた人には
「入學前プログラム」というものを大學生になるまでの約半年に行ってもらいます。
しっかり話を聞いて、取り組んでくださいね。

 

そして、コミュニケーション入學を受けたが出願不可だった人、
入試を受けてないけどこの大學が気になっている人へ。

 
まだまだ本學の入試はあります。
自分の今好きなことややりたいこと、將來進みたい道に活かせる大學だと感じたら、
是非入試を受けてください。

  • LINEで送る

2011年10月16日  イベント

似顔絵描きブースを出しました

本日は大學を飛び出して京都府主催の「ヒューマンフェスタ2011」
というイベントで似顔絵描きブースを出しました。

 

この日のために似顔絵の描き方、早く描く方法、お客さんとのコミュニケーションの取り方
などを授業で學んだ上で、當日に臨みました。

 

chayamanga_blog_613_0_t chayamanga_blog_613_1_t chayamanga_blog_613_2_t chayamanga_blog_613_3_t chayamanga_blog_613_4_t chayamanga_blog_613_5_t

?
整理券が15分ほどで配布終了してしまうほどの盛況ぶりで、
小さなお子さんからご年配の方まで沢山の方に來て頂くことができました。
お客さんからは「うちに帰ったら額に入れて飾るね」など嬉しい言葉も。

?
これからも機會があれば出張似顔絵描きをしていきたいと思います。

  • LINEで送る

2011年10月14日  授業風景

編集者にネームを見てもらおう

マンガ學科は後期が始まってから、立て続けに大事な授業が展開されています。
今日は集英社から少女?少年マンガの編集長?編集者の方々にお越しいただきました。
しかも各雑誌の編集者の方が6名、編集長や役員の方が3名という大所帯で!!
マンツーマンで學生が描いているネームや原稿にアドバイスを頂きました。

 

chayamanga_blog_612_0_t chayamanga_blog_612_1_t chayamanga_blog_612_2_t chayamanga_blog_612_3_t chayamanga_blog_612_4_t chayamanga_blog_612_5_t
持ち込みや何らかの形で直接編集者の方に自分のマンガを見てもらうのは
初めてだという學生がほとんどだったので、良い経験ができたのではないかと思います。
いきなり自分ひとりで持ち込みに行こうとしても躊躇してしまうだろうけど、
一度プロの編集者の方に見てもらった経験があれば、
次から一人で持ち込みに行くときにもハードルは低くなるんじゃないかな。

 
余談ですが、編集者の方って本當に『働きマン』みたい!とひとり心の中で思っていました。
(他社のマンガですみません)

 
集英社様とは、今後も年に數回連攜授業を行っていく予定ですのでお楽しみに。

1 2

コース?分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT ? Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都蕓術大學は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大學であるという自負があります。
通學部13學科23コース、通信教育部4學科14コース、大學院、こども蕓術大學。
世界に類を見ない3歳から93歳までが學ぶこの大學は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、學生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都蕓術大學の“プロダクション”の數々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。

国产人妻熟妇在线视频