こども蕓術學科

2018年8月

  • LINEで送る

2018年8月27日  授業風景

【特別講義紹介】 寫真家 オザキマサキさん

みなさんこんにちは。こども蕓術學科です。

前期授業內に行われた特別講義をご紹介します。

 

寫真家のオザキマサキさんに來ていただき、特別講義をしていただきました。

▼▼オザキマサキさんのご紹介▼▼▼▼▼▼▼▼

広島県呉市生まれ。滋賀県高島市の里山で、自然の中で遊ぶ子どもたちや、小さな山村の日常など、言葉にならない大切な何かを撮りつづけながら、主にフィルムでのポートレートや家族寫真の分野で活動されています。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

IMG_3354

特別講義では、オザキさんが十數年にわたって交流してきたこども達を撮った作品を通して、オザキさんの「こども観」を語っていただきました。

今回見せていただいた作品は、川遊びをする子ども達の寫真でした。ある地域の川に出向き、そこで遊んでいる小學生~中學生くらいの子ども達の仲間に入れてもらい、そこで一緒に水遊びをしながら撮った寫真だそうです。

IMG_3292

オザキさんは、水遊びをしながらの撮影について「寫真を撮ることを目的とせず遊びの中の行為として行っていました。そうした姿勢で子どもたちと觸れ合っていくうちに、段々と気の抜けた表情や、自然な笑顔をこちらに向けてくれるようになりました。」とお話されていました。

 

寫真1つ1つについて「これ、今から川に飛ぶところです。この子がけっこうなお調子者で」「この子はなかなか飛べなくて、隣の子が説得してます」「男子は、飛ぶって言いながら飛べないやつがいるけど、女子は飛ぶって言った子は必ず飛びますね」など、子ども達が集団の遊びの中でどのような事をしていたのか、どんな立ち位置の子がいたのかを交えながら、撮影した際のエピソードをお話してくださいました。

IMG_3297 1

印象的だったのは、子ども達の中に暗黙のルールがあるという話。

危険な事もある水遊びは、だれでも參加しているのではなく、年長者の子どもが聲を掛けた子が參加しているんです。年長者は、川遊びをしても自分で危機管理できそうな子を見極めて聲を掛けています。それが代々続いてこの子ども達の川遊びが行われています。なんとなくみんなそれをわかっていて、聲を掛けられなかった子が遊びに參加することもあるけど、大抵1~2回だけ。それ以降は來なくなるんです。

この話を聞いたときは、一見自由に水遊びをしているように見える子どもが、そんな事を考えていて、それを皆が受け入れ、暗黙のルールとして続いているという事に驚きました。

 

ほとんどの部品が鉄でできており、とても重たいオザキさんの防水フィルムカメラ

「これを持って長時間水遊びするのって、結構大変なんです」との事。

IMG_3329

特別講義後半は學生達それぞれの出身地や子どもの頃していた遊び「子ども観」の話をしました。

IMG_3330 1

仲間という立場で子どもとコミュニケーションをとり、信頼関係を築いたオザキさんの寫真には「親」や「大人」に見せるのとはまた違った表情の子どもたちが寫っていて、それがとても印象的でした。また、そんな関係の築き方があるんだなという事にも気づかされました。立場を変えて接してみるという事。學生たちの制作や學びの大きなヒントになったのではないでしょうか。オザキさん、ありがとうございました。

 

                                     (大塚:スタッフ)

▼▼9/29(土)?9/30(日)秋期コミュニケーション入學開催▼▼

9/5(水)よりエントリー受付開始

詳しくはコチラ

  • LINEで送る

2018年8月6日  學生紹介

【真夏のオープンキャンパスレポート第2弾】スタッフ紹介!

7月21日、22日と開催された真夏のオープンキャンパス。

暑い中ご來場いただいた皆さん、本當にありがとうございました。

 

WHO(世界保健機構)の取り組み「ホープソープ」を參考に企畫した「こどものための石鹸づくり」を體験していただき、蕓術を通したこどもへの関わりの大切さを皆さんと共有できて、とても嬉しく思います。

 

さて、レポート第2弾では、大活躍してくれた6名の學生スタッフをご紹介します!

3回生の二宮さん(八幡浜高等學校出身)

IMG_5030

二宮さんは石鹸ワークショップのパッケージデザインを擔當しました。

ポップな印象にするために、黃色の色味を試行錯誤して作ったそうです。このパッケージに石鹸を入れると、手の上に乗っているように見えるんです!

IMG_5300

3回生の小川さん(自由の森學園高等學校出身)

IMG_4904

小川さんはワークショップの説明ボードのデザインを擔當しました。ボードの寫真は、こども蕓術大學のこども達がワークショップを體験してくれた時のものです。よく泡立っているのがわかりますね。

IMG_2309 2

2回生の坂本さん(左:聖隷クリストファー高等學校出身)と寺岡さん(右:近江兄弟社高等學校出身)

IMG_4815

坂本さんはサポートスタッフとして今回のオープンキャンパス1日體験授業に入ってもらいました。授業では、制作についてのアドバイスをしたり、こども蕓術學科での自分の経験を語ってくれたそうです。

寺岡さんは壁面の文字を制作しました。実際に目にした方はお気づきと思いますが、茶色の部分は木の枝でできているんです!文字に沿うような枝を選び丁寧に貼り付けるのに苦労したんだとか。

IMG_5045 2

2回生の蘆葉さん(名古屋市緑高等學校出身)

IMG_4834

蘆葉さんはワークショップの際に使用したこのシートをデザインしました。

もこもこした泡の表現と、やさしいタッチで描かれた手がいい味を出しています。中の文字はワークショップロゴになりました。

IMG_2287 1

2回生の田中さん(夕陽丘高等學校出身)

IMG_4956

田中さんはワークショップの看板を制作しました。

蘆葉さんの描いたロゴを參考に、ワークショップで実際に使った小さい積み木を組み合わせて、元のロゴそっくりに再構成し、ワークショップの看板に仕上げました。

IMG_4891 2

學生たちは、課題制作や授業の合間を縫って打ち合わせに參加し、各自が擔當したものを制作し、オープンキャンパスを作り上げてきました。みんな、本當にお疲れ様でした!

こども蕓術學科のブースにお越しいただいた皆さん、ワークショップにご參加いただいた皆さん、本當にありがとうございました。             (スタッフ:大塚)

 

▼▼9/29(土)?9/30(日)秋期コミュニケーション入學開催▼▼

9/5(水)よりエントリー受付開始

詳しくはコチラ

  • LINEで送る

2018年8月1日  ニュース

【1回生 展覧會のご案內】 identity

展覧會情報をお知らせします。

現在、1回生の授業課題の作品が日本バプテスト病院 院內カフェ オリーブに展示されています。

20180730131814

會期7月26(木)~9月25日(水)

會場日本バプテスト病院 院內カフェ オリーブ 京都市左京區北白川山ノ元町47

営業時間月~土8:00~19:00  日?祝11:00~16:00

入場無料

 

1回生のマテリアルベーシックⅡという科目で制作した作品を日本バプテスト病院 院內カフェ オリーブに展示させていただけることになり、PC技法演習Ⅰの授業と連動させて、DM制作も行いました!

IMG_3668

日本バプテスト病院 カフェオリーブにて搬入作業をしている様子です。配置をどうしようか話しているようです。

IMG_3653

IMG_3659

この平面作品も學生の作品です。人が座るとこんな感じ。

IMG_3671

今回初めて自分の作品を搬入し、展示作業を行った1回生。

これをきっかけに、展覧會に行った際、配置や見せ方にも注目して見てほしいです。

展示にご協力いただきました先生方、日本バプテスト病院の皆さま、本當にありがとうございます。

 

/////////////////////////////////////////////

▲▲夏のAO入試のご案內▲▲▲▲▲

夏期日程で京都造形蕓術大學のAO入試が実施されます!

A日程8月4日(土)?8月5日(日)

B日程8月6日(月)?8月7日(火)

詳細はコチラ!エントリー予約受付中です!

 

 

コース?分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT ? Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都蕓術大學は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大學であるという自負があります。
通學部13學科23コース、通信教育部4學科14コース、大學院、こども蕓術大學。
世界に類を見ない3歳から93歳までが學ぶこの大學は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、學生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都蕓術大學の“プロダクション”の數々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。

国产人妻熟妇在线视频