こども蕓術學科

2020年1月

  • LINEで送る

2020年1月10日  イベント

【特別講義】落語家 桂花團治師匠 笑い×こども蕓術學科

昨年末、落語家の桂花團治師匠をお招きし、特別講義を行っていただきました!

 

●●桂花團治 師匠?とは●●●●

昭和 57 年二代目桂春蝶に入門し蝶六、 平成 27 4 26 日に三代目桂花団治を襲名。

吃音や赤面癥に悩み、 暗黒の少年時代を送るも、 「笑わせる」 楽しさを知ったことからいじめを克服。 古典落語に心血を注ぐ一方、 自身の悩みや経験を元にした講演が教育機関 ? 企業 ? 自治體の評判を呼び、 自他ともに認める 「大阪で一番多く教壇に立つ落語家」。

IMG_6914

なぜ今回、桂花團治師匠の特別講義が実現したかというと、実は、こども蕓術學科の教員である住岡先生が、花團治師匠に弟子入りしており、落語をご指導いただいていた、という御縁があったからなんです!

ということで、この本文においても「師匠」と呼ばせていただきます。

 

まずは、花團治師匠ご自身の事について、幼少期から落語との出會い、弟子入りについてまでのお話を伺いました。

上記で紹介したように、幼少期からひどい吃音に悩まされ、人前で話すのが苦手で、引っ込み思案だった花團治師匠。グループになって何かを発表する、という授業があったとき、仲間に入れてもらえず、同じく1人になっていた男の子と組んで、當時はやっていた漫才を2人で発表しようと、一生懸命練習したそうです。本番當日、何とか2人で漫才を始めると、クラスのみんなが「おもしろい」と言って笑ってくれたそうです。

師匠は「今まで「人に笑われる」ことはあっても「人を笑わせる」ことは初めてで、その経験がずっと心に殘っている」とおっしゃっていました。

IMG_6923

また「みんなの「輪」から外されてしまったことで、ずっと別の視點から同級生の事を観察していた。そのことが、物事を違った視點から見る、考えるということにも繋がった」「この學科も、こどもと蕓術、そして教育や保育について総合的に考えていくためには「違う視點から物事を見る」ということが必要でしょ?」と、おっしゃられていたことが、とても印象的でした。

その後も、「二字上がり」の発音のお話や、大勢に向けてに話をする際、あえて「あなた」という言葉を取り入れ、対象を絞って語りかけ、「大勢とわたし」から「あなたとわたし」のコミュニケーションに切り替える、対話のコツについてもお話してくださいました。

 

さぁ、いよいよ「落語」が始まります。お師匠が特別講義をされるということで、なんと、住岡先生が前座を務めることとなりました!

 

住岡先生は普段、教育を中心とした講義をされています。しかし、落語が始まると一転、コミカルな動きやセリフで様々な登場人物を演じておられ、その普段とのギャップに、學生からは絶えず笑いが起こっていました。

 

そして、いよいよ花團治師匠の落語が始まりました。

2人の登場人物によって、話が進んでゆくのですが、師匠の所作、聲色の切り替えによって、2人演目のの會話が本當に自然に流れていき、あっという間に話に引き込まれました。

IMG_6947

時代背景が江戸時代ということもあり、學生達にとっては、出てくる単語の意味が分からなかったり、聞きなれない言葉遣いもあったようでしたが、いつの時代にもいる、ちょっと変わった人、ドジな人に焦點を當てた話に、學生からもドッと笑いが起こっていました。

IMG_7053

本物の落語を見ることができて、學生たちは終始大興奮でした!最後に、狂言の表現を真似て、大きな聲で、全員で「はっはっは!」と言ってみました。言っているうちに笑顔になるのがいいですね。桂花團治 師匠、本當にありがとうございました。

 

●●お知らせ●●●

參加者募集中!高校生対象のワークショップ「こども蕓術クラブ」の大學第3回が開催されます。

【開催日】2020年1月25日(土)13:00~15:00 「ひたすら磨く!こっぱ つるピカ キーホルダーづくり」

【開催場所】京都造形蕓術大學 瓜生山キャンパス S棟(至誠館6階)S61教室

Webからのお申込み、詳細はこちら→こども蕓術クラブWeb

 

 

?

 

 

コース?分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT ? Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都蕓術大學は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大學であるという自負があります。
通學部13學科23コース、通信教育部4學科14コース、大學院、こども蕓術大學。
世界に類を見ない3歳から93歳までが學ぶこの大學は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、學生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都蕓術大學の“プロダクション”の數々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。

国产人妻熟妇在线视频