PHOTO

PHOTO

和の伝統文化コース

2020年04月17日

【和の伝統文化コース】2020年度が始まりました!

春が訪れ、桜が咲き亂れ、新學期が始まりました。
人間社會の混亂はよそに、花は咲き青葉は生い茂り、生命の息吹を感じさせます。

今春は、ゆっくりと花見をする余裕もなかった方が多いことでしょう。
瓜生山キャンパスの近くには琵琶湖疎水があり、疎水沿いに桜並木が連なっています。
そして疎水のすぐ側には、知る人ぞ知る枝垂桜の名所があるのです。
今回実際に桜を見ることができなかった方にも、心の春を感じていただければと思い、琵琶湖疎水の近くにある「銀月アパートメント」の枝垂桜をご紹介したいと思います。

銀月アパートメントは戦前からあるアパートで、はっきりした築年數はわかりませんが、入り口の看板に象徴されるように建築當時の趣そのままに大正?昭和初期の洋館の雰囲気をそのまま殘しています。
白い漆喰の壁面に濃いピンクの枝垂桜がとてもよく映えて、桜の美しさをよりいっそう引き立てているようです。



今年度の始まりは新型コロナウイルスの影響で例年とは異なり、通信教育部でも入學式やガイダンスの延期、オンラインでの配信への切り替えなど、先行きが不透明な中で大學も日々対応を考えながら進んでいくことになります。
和の伝統文化コースに入學された皆さんも、いろいろと不安を抱えていらっしゃるかもしれませんが、まずは心より入學をお祝いし、本コースで共に學ばれることを歓迎いたします。
教員やコースの仲間との対面は少し先になるかもしれませんが、困ったことがあれば事務局を通してご相談いただければ教職員が対応しますのでご安心ください。

こういった時期だからこそ、通信教育を通した有意義な學びが、皆さんの暮らしの中に充実感を與えてくれることを願っております。

1年次に履修することをおすすめしている和の伝統文化コースの科目は、テキスト科目(TR)の「伝統文化基礎講義」、スクーリング科目(S)の「伝統文化入門 (伝統文化の學び方)」、「伝統文化研修」の3つです。まずは伝統文化の概要とこのコースにおける伝統文化の學び方を、この3つの科目を通して押さえてもらえればと思います。その他の伝統文化論や伝統文化実踐の科目は、Ⅰはどちらかというと基礎、Ⅱはどちらかというと応用的な內容を扱っています。年次制限がない科目については、基本的に各自の関心やスケジュールに合わせて履修されていけばよいかと思います。こういった時期ですから、テキスト科目から重點的に取り組むという方法もあるでしょう。

學外実習やワークショップなどの體験型授業は和の伝統文化コースの魅力のひとつですが、自宅で伝統文化について學べるテキスト科目(TRTX)も充実しています。テキスト科目では、テキストに指定された書籍をシラバスのガイドを參考にしながら各自でじっくりと読み込み、指定のテーマに従ってレポートを書き提出してもらいます。それと単位修得試験を合わせ、テキストの理解度を評価して成績を付けます。講義形式の科目とは異なり、自分のペースでじっくり書籍と向き合い、考えてレポートを書くという経験は、読書力?考察力?構成力が鍛えられます。
テキスト科目では評価におけるレポートの比重が大きいため、擔當教員も文章表現やレポートの構成など細かい點まで見ながらアドバイスを書かせてもらっています。そのため、ときには細かい指摘に気落ちされる學生さんもいらっしゃいますが、こうした経験はいずれ卒業論文を書く時に必ず役に立ちます。

外出を控えなければならないこんな時期こそ、読書と思索に存分にふけることができる機會かもしれません。
ぜひテキスト科目に集中して取り組んでみてください。

和の伝統文化コース|學科?コース紹介
過去の記事はこちら

この記事をシェアする

国产人妻熟妇在线视频