(月~金:10~16時)

airU 実際の授業を無料で體験してみよう

MENU

蕓術學科

蕓術學

SCIENCE OF ART

蕓術作品の見方が深まる知識と感性を養い、「美とは何か」を幅広く考えていく學び。蕓術普及のための學習にも取り組めます。

コースの特徴

01アートと過ごす時間を豊かに。

幅広いジャンルの美術史や蕓術理論を習得。たとえば美術館や博物館で蕓術作品と向き合ったとき、これまでとは違う視點から、より深く作品を理解できるような知識や感性を身につけられます。

02美とは何かを深く考察する。

本格的に美術史や蕓術理論を研究します。「制作者について」「作品の成立背景とは」「美とは何か」「なぜ人によって美がちがうのか」などを考察。蕓術について深く學び、自分の興味や価値観を見つめ直した上で、丁寧な論文指導のもと研究結果を卒業成果物にまとめあげます。

東京だけのスクーリングで卒業可
週末2日間 スクーリング
大學、短大、専門卒の方は、最短2年卒で卒業可

學びのポイント

広い地域?ジャンルを網羅

日本をはじめヨーロッパ、アジアなど、幅広い地域における蕓術の成り立ちや歩み、特性などを考察。また、美術史だけでなく理論や美術資料の読み方など、蕓術學の基礎について、あらゆる方向から學べます。

學蕓員資格で蕓術普及も

本コースがめざすのは、學生自身が蕓術の魅力や可能性を知るだけでなく、それをより多くの人に伝えられるようになれること。実際に、本コースでの學びと併行して學蕓員資格課程を受講し、蕓術普及をめざす人も多くいます。

學びのステップ

STEP1,2

蕓術とはなにか、
その豊かさを知る。
まずは蕓術學という學問や、その學び方についての理解をすすめます。基礎的な「美術史」科目をはじめ、多彩なジャンルに觸れて、幅広く奧深い蕓術の世界を體感します。興味も経歴もさまざまな學生に応え、蕓術學初心者でも楽しめるカリキュラムを用意しています。

【スクーリング科目例】

「蕓術學原論」「近現代美術の諸相」「舞踴論」「西洋蕓術史の諸問題」「表象行為論」「視覚文化論」「東洋蕓術史の諸問題」「日本蕓術史の諸問題」など各専門家による講義を開講します。

STEP3

自分の方向性を定めて、
研究への準備を整える。
「美術史」「蕓術理論」など、専門的な學びを深めるなかで、自分の方向性を定めます。さらに、テーマの設定や論文の書き方、蕓術活動の手法など、卒業研究を行うために必要な技術や考え方を、しっかりと自分のなかに身につけます。

 テキスト、スクーリング科目例 / 論文研究Ⅰ、Ⅱ少人數のゼミ形式の授業で個々のテーマに沿った指導を受けられます。

STEP4

「論文」といっても多種多様
「蕓術」の広い領域からテーマを選び、卒業研究に取り組みます。教員による個別指導でじっくりと內容を練り上げ、完成をめざします。

 卒業研究これまでの學びの集大成として卒業研究に取り組みます。

入學~卒業までのステップ

4年間で學ぶことがら

  • はコース専門科目、は蕓術學科専門教育科目(歴史遺産、文蕓、和の伝統文化コースと合同で開講)です。
  • ※學蕓員資格の取得をめざす場合は、資格課程への登録が必要です。

1年間の學習ペース

【1年次入學】専門教育科目の1年間の履修スケジュール例

【3年次入學】専門教育科目の2年間の履修スケジュール例

學費の目安

授業料 231,000円
スクーリング受講料 64,000?84,000円
1年間の合計金額 295,000~315,000円

卒業までの合計?額(4年間)
1,180,000~1,260,000円

  • ※入學初年度は、上記に加えて?學?編?學選考料20,000円と、?學?編入學金30,000円、學生 教育研究災害保険料140円の合計50,140円が必要となります。
  • ※スクーリング受講料は、科目の種類や開講場所によって料金が異なります。
授業料 231,000円
スクーリング受講料 96,000?126,000円
1年間の合計金額 327,000~357,000円

卒業までの合計?額(2年間)
654,000~714,000円

  • ※入學初年度は、上記に加えて?學?編?學選考料20,000円と、?學?編入學金30,000円、學生 教育研究災害保険料140円の合計50,140円が必要となります。
  • ※スクーリング受講料は、科目の種類や開講場所によって料金が異なります。

教員メッセージ

金子典正教授

蕓術の世界へようこそ!
じっくりゆっくり自分磨き。それが大切です。

金子 典正
KANEKO Norimasa
教授

生まれも育ちも東京です。専攻は仏教美術史。東アジアにおける仏像の歴史的展開について研究を続けながら、毎年アジア各地へ調査に出かけています。著書に『アジアの蕓術史造形篇Ⅰ中國の美術と工蕓』藝術學舎(2013年)等、共著に『東大寺:美術史研究の歩み』里文出版(2003 年)等、論文に「中國仏教初伝期に於ける仏像受容の実態に関する一考察」(『美術史』160)ほか多數。

『アジアの蕓術史 造形篇Ⅰ中國の美術と工蕓』藝術學舎 (2013年)

このコースでは何を學べますか?
豊かな人生を目指して、蕓術をめぐる知の旅へ
人類は先史時代から自ら考えることをはじめ、長い歴史のなかで數えきれないほどの普遍的な美を生み出しつつ、蕓術とは何か、美とは何かを問い続けてきました。その答えを見つけることが蕓術學を究めることです。蕓術をめぐる知の旅に出かけることにより、今までの生活にはなかった新しい世界があなたの前にどんどん広がることになります。
知の旅に出かけることは、専門家に限られたものではなく、誰にでも開かれた道です。どんなに高名な研究者でも、學生時代に最初の一歩を踏み出した瞬間があります。その一歩をサポートするのが教員であり、主役は言うまでもなくあなたです。入學に対して不安になる必要はありません。誰もが同じスタートラインに立ち、それから興味のある分野へ、どんどん専門性を高めていけばよいだけです。
大學における勉強のゴールは人それぞれです。優れた卒業論文を執筆して大學院に進學したり、研究者になったりすることだけがゴールではありません。たとえば、蕓術に関する哲學書を時間をかけてじっくりと読む、ひとつの蕓術作品について深く考察する、博物館や美術館で研究対象と出會う、學友と蕓術談義にふける、家族と蕓術について語り合う、というように生涯にわたって日頃の生活の中で、學んだ成果を大いに楽しむことができます。蕓術を學ぶことによって得られた知識と経験は、人生を大いに豊かにします。また、あなたの存在によって家族や周りの人たちも、蕓術の面白さを知ることになるでしょう。こんな素敵なことを可能にするのが蕓術學なのです。目先の利益にとらわれないことが重要です。蕓術を學ぶ者が集い、深い思索を重ねることによって新しい知が生じます。こうした學問の本質を、蕓術學コースの學びを通して理解して欲しいと願っています。

作家愛×蕓術學=

松田 佳子
蕓術學コース(3年次編入學)
'18年度卒業 神奈川県在住56歳

卒業したいまも、學友たちとメールやSNSで近況を伝えあい、飲み會などを開催。「気に入った展覧會や作家について、夢中で話し込んでいると、青春時代に戻ったようです」。

貴方は二十歳

松田さんを本コースへと誘った、その男性の名は関根正二。いまから100年前に夭折した洋畫家である。「いつか蕓術を本格的に學びたい」という長年の希望と、この作家との出會いに背中を押され、本學の扉を開いた。「親も高齢になるので、やりたいことをできるうちに、という気持ちもありました」。

絵の好きな父に手を引かれ、美術館に通いはじめたのは幼稚園の頃。それなりに詳しいつもりでいたが、入學して、自分よりずっと若い先生方の知識に圧倒された。「どれだけ數多くの作品を見ようと、それぞれを個別に捉えていては、理解したとは言えないんですね。時代の傾向や文化、政治など、すべてがつながって、ひとつの作品が生まれるのだと教わりました」。さらに、寫真やデッサンなどの実技科目にも挑戦。「制作系の學生さんとも知り合えて、作り手の気持ちに少し近づけた気がします」。孤獨だと思っていた通信教育で、驚くほど豊かに広がっていった人の輪。ちょっとした學習の相談から蕓術論まで、世代を超えて熱く語り合える學友との出會いは、他では得られない貴重なものだったという。

多くの人や學びにふれ、見る絵のジャンルも広がり、それでも松田さんに心変わりはなかった。関根についての數少ない文獻を何度も読み返し、どこの店に通っていたかまで調べ盡くす。「まるで戀する乙女、いやストーカーだね、なんて學友にからかわれました」。その甲斐あって、図録の小さな寫真から、持論の裏付けとなる証拠を発見。「頑張る人には、いつかそういうご褒美が降ってくるものです」と、偶然をつかんだ粘り強い努力を、先生に讃えられた。

「いまは大學院で、関根を直接知る人の資料を集めて整理を試みています。記憶や記録が失われてしまう前に、なんとか後世に殘したくて」。貴方を忘れない。忘れさせない。松田さんの情熱は、短すぎた畫家の生き様を、末長く人々の心に刻みつけていく。

名作を知る×蕓術學=

脇丸 繭美
蕓術學コース(3年次編入學)
'17年度卒業 千葉県在住47歳

最初のスクーリングで知り合った學友とは、いまも足しげく美術館に通う仲。「入學がきっかけでLINEをはじめました。蕓術という、共通の楽しみでつながりあえる友人は、本當に貴重な存在です」。

琳派元年

一般の短大を卒業後、事務職で働きながら、美術館通いを趣味としていた脇丸さん。ある日ふと新聞広告で、通信で蕓術學士という文字を見つけた。「ちょうど琳派400年の前年で、勝手に運命を感じてしまって」。長年好きだった日本の古典をはじめ、古今東西の蕓術について學ぼうと入學を決めた。「とはいえ未経験のことばかりで、最初はレポートに苦労しました」。

ピンチを救ったのは、思いがけない學友の存在。「通信なのに、こんなに交流があるんだとビックリ」。スクーリングで知り合った友人に學習のコツを教わり、SNSで勵ましあって學びをすすめた。さらに、先生の添削も大きな支えに。「內容のまとめ方から文章表現まで、紙の上ながら、手とり足とり教わるようでした」。やがて論述にも慣れ、レポート作成を通して、新たなものの見方や知識を深めていった脇丸さん。ついに卒業研究として、憧れの《風神雷神図屏風》と向き合うことになった。「まずは論文の書き方や文獻の調べ方などのテクニックをいちから教わり、核心となる考え方にすすむのですが…」。行く手には風雲ならぬ暗雲が。

「先行研究は疑ってかかれ」。そんな先生の言葉に驚き、すぐに納得した。「他を批判的に見なくては、自分の研究ができないんです」。超がつく名作を選んだために、無數の先行研究が大きな壁となったのだ。「あれもこれも語り盡くされ、一體何を書けばいいんだろう」悩み抜いた末に得た結論は、「あえて著名な先行研究を土臺に、自分らしい見解を加えること」。先生の導きもあり、納得いくものにできたという脇丸さん。「卒業後は、ぽっかり穴があいた気分に。學士とともに取得した學蕓員資格をボランティアで活かそうと、手話を習いはじめました」。ひとたび身につけた目や技は、あらゆるかたちで蕓術との絆になっていく。本コースに來たそのときが、脇丸さんにとっての琳派元年、蕓術學元年だったかもしれない

作家への想い×蕓術學=

井村 馨
蕓術學コース(3年次編入學)
'16年度卒業 東京都在住55歳

現在は學蕓員資格課程を履修中。「資格を得ることで、小川三知の作品展示や紹介に少しでも役立てば、と思って挑戦したものの……再びテキスト科目に苦しんでいます」。

小川三知を追いかけて

「たまたまテレビ番組で見かけたステンドグラス作家、小川三知の作品が頭から離れなくて」。もっと深く知りたい、研究したいと思いつづけてきた井村さん。「今やっておかないと必ず後悔する」と、仕事をしながらの入學を決めた。「とはいえ最初は、上級のカルチャースクール程度に考えていたんです。でも、とんでもなかった」。テキスト課題やスクーリングのレポートに返される添削指導の細かさ、そして厳しさ。「成績がよくない時ほど、丁寧にご指導いただけて。先生の熱心さが、通信という距離をこえて伝わりました」。

幅広いカリキュラムの中には、自身の興味とかけ離れた分野もある。しかし、學ぶうちに「すべてがどこかでつながっている」と感じられた。また、各界を代表する先生の講義はもちろん、學友たちと互いの分野について熱く語りあうのも楽しかった。「予想以上に、仕事や介護、子育てをしながら學んでいる方が多くて。多忙ながら時間をやりくりして頑張っている姿に、何度も勵まされました」。

少しずつレポートに慣れ、東西の蕓術への知識を深め、あらためて「私が研究したいのは、やっぱり小川三知」と確信した井村さん。作者を愛好する會に入り、各地に殘る作品を訪ね、親族への取材を行い、新たに出會った人々の助けに感謝しながら研究をすすめていった。「まだまだ知名度の低い作家なので、資料も研究する人も少ないんです」。卒業論文をまとめ終える頃には、自分も數少ない研究者のひとりになっていた。「おかげで、三知の地元にある美術館で、研究発表をする機會までいただきました」。自身の努力が世に出ることより、とにかく小川三知の魅力を、ひとりでも多くの人に伝えたい。新たな研究者が増えることで、埋もれた作品の保存につなげたい。そんな一心で、これからも研究活動をつづけると決めた井村さん。三知について語るその表情は、光を受けたステンドグラスのように輝いている。

絵畫ファン×蕓術學=

加藤 紀子
蕓術學コース(3年次編入學)
15年度卒業 愛知県在住54歳

卒業後は大學院の「比較蕓術學分野」に進學。大學院ならではの「プレゼンテーション」という新たな難題に悩まされつつ、フジタ研究を深めつづける。

フジタの加藤さん

「まさか自分がこうなるとは、思ってもみませんでした」という加藤さん。本コースを卒業して大學院へすすみ、さらに研究を深めている。けれど入學前は、ただの美術好きな主婦。一人娘が手を離れ、カルチャースクールの延長のようなつもりで入學を決めた。「考えが甘かったですね。與えられる學びの広さ、求められる思考の深さにがく然」。もちろん深く學ぶほど、得られる喜びも深い。悩んで書きあげたレポートには、びっしり細かく先生からの添削が。現地研修では、先生や學生數人で行動をともにし、大人の修學旅行を味わった。「卒業論文テーマを藤田嗣治に決めていた私は、〝フジタの加藤さん〞なんて呼ばれて」。しかし、いざ著手してみると、そのフジタが大きな壁となった。

「散漫な隨筆です」。先生から辛辣に批評され、ショックを受けた。本學に來てから、デッサンなどの體験を通して、絵の見方が変わった。少しずつ知識も増えてきた。しかし、それだけで持論を生むことはできないのだ。思い悩み、一時は作品を見るのも嫌になっていた加藤さんに、先輩からの助言が。「思考を止めないで、どこにいても常にメモを持ち歩いて」。その言葉を胸に、久しぶりにフジタの展覧會に足を運び、これまでの苦悩がふっきれた。「やっぱり好き。だから、がんばろう。素直にそう思えたんです」。

題材をいちから見直し、なんとか人生初の論文を完成。「あの厳しいご指摘がなかったら、中途半端なままだった。愛あるダメ出しに、今は感謝しています」。先生の他にも、豊かな知を持つ學友たち、大學を通して知り合えた美術関係者、パソコンの指南役になってくれた家族など。いろんなつながりが自分を支えてくれた。「蕓術は人の魂を救い、生きる力を與えてくれる」。そんな名言が身にしみた、とつぶやく加藤さん。好きなフジタと向き合う先に見たのは、蕓術學という學びの原點そのもの、だったのかもしれない。

資料請求

国产人妻熟妇在线视频