(月~金:10~16時)

airU 実際の授業を無料で體験してみよう

MENU

美術科

日本畫

JAPANESE PAINTING

日本畫を學ぶことは自分自身の個性や感性をたいせつに育てていくこと。
基礎からの學習を通して、自分の「日本畫」を模索します。

コースの特徴

01畫の基本をすべて學ぶ。

彩色、箔などの基本的な表現技法とともに、対象を見る力、描く力、自分の世界を畫面に定著させる力をつけます。

02自分の內的世界を見つけ出し、磨く。

根気と時間がかかる日本畫の制作。そのために必要な努力のなかから、「自分の內的世界」を発見し、磨いていきます。

03京都で活躍する作家から直に教わる。

日本畫の伝統が色濃く息づく京都で、精力的に活動する個性豊かな作家から直接、対面指導が受けられるのも魅力です。

東京だけのスクーリングで卒業可
週末2日間 スクーリング
大學、短大、専門卒の方は、最短2年卒で卒業可

學びのポイント

巖絵具

日本畫を代表する伝統的な絵具で、繊細で美しい色彩が特徴。絵皿にとり、膠液を少量加えてまずは指の腹で絵皿にこすりつけるように練り、膠液を少しずつ足しながら絵具の一粒一粒を膠液でくるむように練り合わせます。

水干絵具

巖絵具と違い、畫面に粒子が殘らず、やや不透明な仕上がりに。用途によって巖絵具と使い分けましょう。膠の濃さは巖絵具より薄めで良いですが、薄いと剝がれやすく、濃いと発色が悪くなるので、使いながら覚えましょう。

學びのステップ

STEP1

対象を見る力、
描く力を育むとともに、
畫材の基礎的な扱い方を學ぶ。
対象をじっくり観察して、その本質をつかみとり細密な描寫を行います。また、その描寫をもとにして、日本畫獨特の畫材を使って、本畫の制作に取り組みます。また、古畫を模寫することで描線と技法やその心を學びます。

 テキスト科目例 / 色鉛筆による細密描寫モチーフの質感や量感がでるように重ねる色を工夫しながら描くことで、色鉛筆の特性を知り、使い方を學びます。

STEP2

寫生から制作への過程を學びつつ、
自分なりの表現を考える。
これまでに培った描寫力をさらに深めながら、単に寫生するだけでなく、自身の想いをどのように表現していくかを考えます。「植物寫生」からイメージをふくらませ、箔を用いて表現します。また、剝製制作では剝製をじっくり観察して描くとともに巖絵具の表現方法を學びます。

 スクーリング科目例 / 植物制作寺院の天井絵をイメージして、43cm四方のパネルに金箔?絵具で制作。箔のさまざまな技法と使用法を學び、自身の表現に幅をもたせます。

STEP3

より専門性の高いモチーフに挑み、
制作のスキルを磨く。
テキスト科目では人物畫の基礎を身につけます。また、植物を大きな紙に寫生することで、生命あるものの本質に迫ります。3年次のスクーリングでは、「人物」や「風景」を選択し、大畫面で制作します。制作の過程で「寫生」→「草稿」→「小下絵」→「本紙制作」という日本畫獨特のプロセスを身につけます。

 テキスト科目例 / 木の寫生枝の張り方、葉の付き方、季節による狀態など、よく観察して木の性質を理解しながら、B全サイズの大きな畫面に描ききりましょう。

STEP4

自分の制作テーマを深め、
思いのこもった大作を完成させる。
各自が設定したテーマにもとづいて、かたち、構図、配色、技法などこれまでの集大成となる作品を制作します。対象物への思いや自己の表現テーマをより深め、制作者の思いが伝わる作品を完成させることをめざします。

 スクーリング科目例 / 卒業制作

入學~卒業までのステップ

4年間で學ぶことがら

1年間の學習ペース

【1年次入學】専門教育科目の1年間の履修スケジュール例

【3年次入學】専門教育科目の2年間の履修スケジュール例

學費の目安

授業料 300,000円
スクーリング受講料 104,000?128,000円
1年間の合計金額 404,000~428,000円

卒業までの合計?額(4年間)
1,616,000~1,712,000円

  • ※入學初年度は、上記に加えて?學?編?學選考料20,000円と、?學?編入學金30,000円、學生 教育研究災害保険料140円の合計50,140円が必要となります。
  • ※スクーリング受講料は、科目の種類や開講場所によって料金が異なります。
  • ※単位修得試験受験料はWebで受験の場合は無料、會場での受験の場合は1科目2,000円必要となります。
授業料 300,000円
スクーリング受講料 156,000?192,000円
1年間の合計金額 456,000~492,000円

卒業までの合計?額(2年間)
912,000~984,000円

  • ※入學初年度は、上記に加えて?學?編?學選考料20,000円と、?學?編入學金30,000円、學生 教育研究災害保険料140円の合計50,140円が必要となります。
  • ※スクーリング受講料は、科目の種類や開講場所によって料金が異なります。
  • ※単位修得試験受験料はWebで受験の場合は無料、會場での受験の場合は1科目2,000円必要となります。

教員メッセージ

松生 歩教授

人生の支えとなる日本畫制作を、
一歩ずつめざしましょう。

松生 歩
MATSUIKE Ayumi
教授

1959年大阪市生まれ。83年山種美術館賞展大賞受賞。84年京都市立蕓術大學大學院修了。90年菅楯彥大賞展大賞受賞。京都市蕓術新人賞、京都府文化賞功労賞など受賞。文學や文章表現と絵畫との融合を指向し、自作の物語や詩と絵畫による個展を中心に活動。宮沢賢治を取材した作品も多く、書籍?新聞の挿絵や絵本の仕事も手がける。

「時の彼方に」50F (2011年)

このコースでは何を學べますか?
対象を見る目と表現力を養う。
日本畫コースでは、寫真を用いることなく対象を直接寫生して得られる感動を、作品へと昇華させてゆきます。こうした學習によって、対象を見る目、深く感じる心、表現力が養われていきます。また、日本畫獨特の畫材の扱い方を理解し、それらを使いこなしていくなかで、応用力が身につき、卒業時にはひとりひとりが獨自の表現を展開できるようになります。
通信教育という點での配慮は?
基本から細やかに指導。
日本畫コースでは、全スクーリングを土日の2日間で実施しています。仕事や育児などで忙しい皆さんも受講しやすく、體力的にも無理なく受けられます。短期間のスクーリングでも、受講前にしっかりシラバスを読み込み、事前課題を作成しておくことで、授業內容をより著実に身につけることができます。また、自宅學習の具體的な內容や方法を參照できるよう、詳細なテキストに加え、動畫や參考作品が満載されたWeb學習(airU)も充実させています。airUでは、科目の履修や単位修得試験、スクーリングの申し込みなども可能。遠方にお住まいの方もこれを使うことで、より學習が効率的に進められますので、この機會にPC環境を整えることをお勧めしたいです。スクーリングでは教員がわかりやすくきめ細やかに指導していき、自宅學習でもわからないことがあればメール?FAX?郵送でいつでも質問していただけます。また、大學キャンパスでの個人面談指導も受けられます。東京外苑キャンパスでの學習相談會など、通常の授業以外でのサポートにも特に力を注いでいるのが、日本畫コースの特長です。
どんな人に學んでもらいたいですか?
楽しく、じっくり生活の中に絵畫制作を。
絵が好きな方、新しいことを初めてみようというチャレンジ精神旺盛な方、自然を愛する方…そしてすべての方に。初めてでも心配ありません。ひとつひとつの學びによって、絵が上手くなるだけではなく、生活の中に発見が増え、描くほどに自分の心を成長させることができます。卒業後にこそどんどん活躍していただけるよう、焦らずじっくりと、そして楽しく力をつけていきましょう。

初めての×日本畫=

米沢 弘治
日本畫コース(3年次編入學)
'18年度卒業 大阪府在住64歳

卒業制作で使った箔のおさらいとして、卒業生のグループ展に出す作品を制作中。「まだまだこれからですけど、いつかは、だれかに貰ってもらえるような畫を描きたいですね」。

生きてゆく畫

ほぼ50年ぶりに絵筆をとった米沢さん。蕓術とは無縁の公務員として生きてきたが、還暦を前に「小學校の先生に自畫像を褒められた」思い出に導かれ、入學を決めた。「どうせなら大學で體系的に教わろうと、退職の數年前から學費を貯めました」。緊張しながら訪れた説明會で、先生方の人柄に惹かれ、つい選んだのは未知の日本畫。畫材の扱い方から線の描き方まで、やることすべてが初體験のなか、とにかくスクーリングで筆の運びや色づかいを見習い、テキスト科目で復習を繰り返した。

「授業中、迷っていたらザバッと先生に畫を洗われて、エエッと仰天したこともあります」。思いのままに塗り重ね、違ったら洗い流してもいい。これまでのイメージを覆す日本畫の大膽さを知り、ワクワクする一方で、ついていけないもどかしさを感じた。「堅い仕事の習性か、どうしても細部に集中して、全體を見られなくなるんです」。しかし、そんな実直さこそ上達への近道。あらゆるデッサン系科目をとり、だれよりも長く教室で過ごし、描きつづけた米沢さんの筆は、徐々に成長を遂げていった。「卒業制作は、これまでの課題になかったものを描きたくて」選んだのは、大好きな動物であるゴリラ。

箔を焼き、胡粉を盛りあげ、毛描きだけで彩色をほどこす。「ここで教わった技法のすべてを注ぎました」という作品は、卒業制作展で元同僚たちの目を見はらせた。「こんな日本畫もあるんだね、と言われて、なんともうれしい気持ちになりました」。さらに、得たのは技だけではない。「ものでも人でも、〝よく見ること〞の大切さを教わり、この歳にして生き方が広がりました」。ただ唯一の心殘りは、描くきっかけをくれた恩師に、この世で畫を見せられなかったこと。「ひとこと、御禮を言えたらよかった」とつぶやく米沢さん。萬感をたたえたゴリラの眼差しは、これからを生きる強さで、見る者の心を捉える。

初めての×日本畫=

堀 照夫
日本畫コース(2年次編入學)
'17年度卒業 長野県在住75歳

交通の便がよく、緑豊かな東京外苑キャンパスには、今後も藝術學舎の講座などで通いたいと考えている。「スクーリング始業前の朝、駅前の喫茶店で數人のメンバーと集い、絵などについて語りあったのも、楽しい思い出です」

人生百年畫

「先生に絵を教わるなんて、子どもの頃以來でしたから」と、100號の大作を前に照れ笑いする堀さん。「いつかは絵を習いたい」という50年來の夢を葉えるため、選んだのがこの日本畫コースだった。「展覧會で見るたびに、どうやって描いているのか、不思議で、知りたくて」。仕事を離れたいまこそ、時間をかけても未知の世界に挑もうと決めた。「初心者だし、この年齢だし、ずいぶんと悩みましたが」。案ずるより産むが易し。気後れする心は、最初の授業で一瞬にして消えた。「みんな年齢も経験もさまざま、だけど志が同じだから、壁も何もないんです」。

そんな熱意あふれる仲間に囲まれ、學びについての考え方も大きく変化した。「初めは最短での卒業をめざしていたんです、體力的なことも考えて。でも先生の言葉で、〝じっくり學ぶこと〞こそが自分の目標だと気づきました」。最初の頃は「丸1日かけてコップやリンゴを描くなんて」と思っていたが、描く畫面が大きくなるほど、「基礎のデッサンが本制作の要になる」と実感。少しずつ意識が変わるにつれ、畫も成長していった。そしてついに100號の卒業制作へ。「テキスト科目で、大畫面をいちから完成させた経験が役立ちました」。

體力も気力も要る大畫面、だからこそ達成感も大きい。「學生のうちに、故郷、信州の大自然を大きく描きたかったんです」。そして仕上げてみれば、達成感とともに、やり殘した思いも生じる。完成は、次への一歩。「公募展をめざすのも良いけれど、何より自分のために描きたい」。勤めていた頃はつねに他人と比較され、競い合う人生を送り、ようやく人の目から自由になれたのがいまの自分。「人生100年時代、家族や仲間との交流と同様に、ひとりで生きる時間も大事にしたい。これからは、ふと思いついた時に筆を持ち、小さな畫でも、生活の一部として描いていけたら」。キャンバスに描かれた故郷の山里には、そんな堀さんの心を映す、無垢な自然が広がっている。

壁のむこう×日本畫=

岡安 俊明
日本畫コース(3年次編入學)
'16年度卒業 岐阜県在住70歳

入學以來、旅先でも観光地より「ちょっと裏の風景」を探し歩く習慣が。「以前は外でスケッチするのが気恥ずかしく、近くの草花ばかり描いていましたが、今後はもっといろんな対象をスケッチし、畫にしてみたいです」。

夜明けの日本畫

理系の研究職に生きながら、「リタイア後は絵を學びたい」という夢を溫めてきた岡安さん。距離や費用面から一度は地元の絵畫教室を選んだものの、「どうしてもこえられない壁」を感じて本コースへ。「京都で日本畫を學ぶ」という念願を果たした。入學してまず感心したのは、テキスト課題に書き込まれた添削の細やかさと的確さ。卒業した今、あらためて當時の添削を見返しつつ、同じ課題を描き直しているという。「たかが3年、されど3年。明らかに〝絵が変わった〞と自分で感じています」。

岡安さんの絵を変えたもの、それは添削だけではない。「さまざまな人が、いろんなやり方で、それぞれの畫を描いている」。通信ならでは、大學ならではの多様性が、「日本畫はこうあるべき」という枠にとらわれていた岡安さんの目を開かせた。「たとえば、筆の代わりに葉っぱやプチプチ(緩衝材)を使ったり。行き詰まった學友が、巖絵具を洗い落としたら、その跡が思いがけない深みとなったり」。それぞれの制作過程を見るだけで、多くの學びを得られたという。「経験値に関わらず、みなさん個性や熱意がすばらしいです」。

しかし、先生の教えまでが多様なのには、悩まされた。「卒業制作に選んだススキの下図を、ある方は〝暗い〞、別の方は〝これでいい〞と」。先生こそ正しいと思いこむ學生は、何を頼りにすべきかわからなくなる。しかし、それこそが正解。答えは、自分の中にしかない。「暗いと言った先生も、だからダメなのではなく、暗さのなかにも希望がほしいと伝えたかったはず」。そこまで言葉にしないのは、本人に、答えを見つけてほしいから。考えた末に、ススキの足元にふきのとうを描いた卒業制作は、東京の選抜展に選ばれた。「これから新たな構図やモチーフにも挑み、足腰立たなくなるまで描きつづけたい」と笑う岡安さん。その希望が、夜明けを待つススキの穂先に輝いている。

事業経営者×日本畫=

川幡 紘嵩
日本畫コース(2年次編入學)
15年度卒業 富山県在住61歳

卒業生同期で結成した「筆児の會」グループ展のほか、市の展覧會や県展にも積極的に出品。「目標があると制作しやすいけれど、入選を意識しすぎると自分らしく描けなくなる…そのジレンマが今の課題です」。

日本畫でセカンドステージ

50代後半で仕事に一區切りつけ、もう一度大學で學びたいと考えた川幡さん。「何を學ぼうか迷ったんですが、日本畫というまったく未知の領域に惹かれて本學へ」。中學の授業以來、ひさしぶりに筆を取り、まさに自分にとって白紙の世界と向き合うことになった。「膨大な種類の絵具、にかわの扱いなど、すべてが知らないことばかり」。手こずりながらも、巖絵具獨特のざらりとした質感に引き込まれていった。

孤獨なテキスト科目はペースを決めてこなし、學外実習など多彩なスクーリングも満喫。「ベテラン學生の気迫はもちろん、若い學生たちの情熱にも大いに刺激されましたね」。一方、日本畫の授業では、あることで先生から再三注意を受けたという。「とにかく寫生をして、絶対に寫真を使わないで」。寫真を見て描くと、現場で見なかったものを描き、見ていたものを描けなくなる。そう教わっても、季節や時間を合わせて寫生しつづけるのは難しい。「これ、寫真で描いたでしょ」と講評で先生に見抜かれ、本物の目は誤魔化せないと冷や汗。仕方なく寫生に通ううち、現場で吸収する感覚の大切さに気づいた。「近道で要領よく成果を求めるのではなく、遠回りしてこそ身につくことがある」。これまで効率重視の世界で生きてきたからこそ、深く感じるものがあった。

じっくり基礎を積み重ねることにした川幡さんだが、既成の枠にはとらわれたくないと感じていた。「日本畫では影をつけないことが多い、と教わって、あえて光を表現したいと思ったんです」。水面の光をとらえた卒業制作は、修正を繰り返し、七転八倒した想い出とともに、もう一歩成長したいという大學院進學への後押しとなった。現在は、先生のアドバイスで新たな畫材に挑み、より光を際立たせる手法を研究中だ。「畫面を水で洗って描き直したり、箔を貼ったり、日本畫って意外と自由なんですよ」という川幡さん。日本畫を舞臺に選んだ、その人生のセカンドステージにも、新たな光が差している。

蕓大への憧れ×日本畫=

合田 瑠璃
日本畫コース(1年次入學)
14年度卒業 三重県在住80歳

卒業制作は京都グランヴィアホテルのロビーを飾り、自身は大學院へ。「絹本など、新しい畫材に挑戦中です。まったく予定外でしたが、學びの場から離れがたくて」。

畫になったしあわせ

「生まれ変わったら、蕓大に行こう」と思っていたところ、本學を知り、居ても立ってもいられなくなって入學した合田さん。當時の想いを語る聲は、女子學生のように弾んでいた。実際に女子學生だったのは戦後の混亂期。蕓大に行くなど、裕福な子どもにしか許されない時代だった。あれから60年。夢は、ついに京都で葉った。

憧れの大學生活、それは初體験の連続でもあった。まず驚いたのが、「習うのは畫だけじゃない」ということ。テキスト課題に欠かせない、レポートも人生初。「高校卒業以來、書くといえば家計簿ぐらいでしたから」。こつこつ取り組むことで、少しずつ慣れていった。さらに、何を履修すればいいか迷うほど、幅広いジャンルの自由選択科目。ここでは學友が支えとなり、自分に合いそうな科目をすすめてくれた。「哲學、環境學、地域學。世の中のいろんなことを知り、描く畫に芯が生まれた気がします」。

そして、何より感心したのが、指導の誠実さ。「先生方はみな、自分たちの體得してきたことを、惜しみなく伝えてくださいます」。じつは夫の転勤に付き添い、さまざまな土地で日本畫を習っていた合田さん。家事や育児の合間に、コツコツ技術を磨いてきた。「それでもずっと、自分のなかに満たされない何かがあって。大學に來て、技以上に得たものは數えきれません」。広い知識、信じられる師、そして、無心に描くことのしあわせ。

「大學に來てから絵が変わり、まだまだよくなると感じました。これからも、見た人が優しい心を取りもどせるような、悲しんでいる人の心にも屆くような絵を描いていきたい」。100歳まで描きつづけなきゃ、と笑う合田さん。穏やかでしあわせそうな絵の裏側には、自由に描けなかった頃の深い苦労が隠れている。だからこそ、その畫は、深く豊かに見る者の心を包みこむ。

資料請求

国产人妻熟妇在线视频